印刷
Web3(Web3.0)について、「次世代インターネット」とも呼ばれ、注目を集めています。
これまでのインターネットの歴史を簡単に振り返ってみると、以下のように整理されるようです。

Web1.0
時期としては1990年代半ば~2000年代半ば、WWW(= World Wide Web)の黎明期にあたります。発信のためのサイト構築の知識が必要で、
一部の発信者が作ったホームページを閲覧するのが中心だった時代の概念とされています。

Web2.0
2000年代半ば~2010年代後半に生まれた言葉で、現在私たちが利用しているWebのこととされています。
SNSの利用が進み、ホームページを作る専門知識がなくても情報発信が可能になったのが特徴の一つと言えるでしょう。
情報の発信者と閲覧者の双方向なコミュニケーションが可能になった一方で、特定の企業に利用者の利用履歴が集中する傾向も指摘されています。

Web3.0
次世代のWebのあり方を示したものとされ、上記のWeb2.0の中央集権的な管理から生まれる問題点を、ブロックチェーンという技術により、
「分散」を通じて解消すると期待されているものです。この技術によってインターネット上の取引データを適切に記録し、複数の利用者が
取引情報を共有することができます。ブロックチェーンによって、特定企業が個人情報を握ることなく、情報漏洩のリスクを減らしていく効果があり、
情報や権限の分散により、多方向の情報伝達も可能となるとされています。

Web3.0と密接に関係があるものとしては、主に以下のものなどが注目されています。

・暗号資産:
ビットコインなど仮想通貨と呼ばれる暗号資産は、Web上の取引に使われる電子データの通貨です。

・NFT:
「Non-Fungible Token(ノン-ファンジャブル トークン)」の頭文字を取ったもので、日本語で「非代替性トークン」という意味です。
前述の「仮想通貨」は代替性トークン(FT)と呼ばれ代替性があるのに対し、NFTは鑑定書のように、商品となるデータが複製・偽造されたもの
ではなく、不正なしに所有されていることを証明します。

・メタバース:
インターネット上にある3次元の仮想空間です。リアルの空間のように他者とコミュニケーションを取ったり商取引を行ったりすることができます。

これらの技術により、セキュリティレベルの向上、国境を越えたサービス提供、企業との直接取引などができるメリットにつながるとされています。
Web3.0については、我が国の成長戦略の柱にする動きが自由民主党で議論がされ、NFTについてのホワイトペーパーが出されたりしています。

参考記事:
「岸田首相の“新しい資本主義”の柱にWeb3.0を」自民・平将明氏らがNFTセッションで提案~「FIN/SUM 2022」レポート - INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1400643.html


ソフトアカデミーあおもりでは、ブロックチェーンに関するセミナーの開催実績がありますが、今後はより視点を広げ、Web3.0について、
関連するセミナーや、当サイトによる情報発信もしていきます。

bloc fff72